美味しいグリーンスムージーランキングBEST3

野菜やフルーツに水を加えて、ミキサーで混ぜるだけ作れるグリーンスムージーですが、材料の組み合わせや作り方によっては効果が半減してしまうこともあります。

グリーンスムージーの基本的な材料は、水、果物、野菜です。ヨーグルトや牛乳等動物たんぱく質と一緒に摂ると栄養が吸収されにくくなってしまいます。
グリーンスムージーに入れた果物に含まれている糖分(果糖)が多すぎるとかえって太りやすくなってしまいます。

こうしたポイントを踏まえた上で、実際に作ってみたグリーンスムージーの美味しかったレシピをランキングにして紹介します。

【第1位】美味しいグリーンスムージーランキング

レモン4分の1、バナナ1本、チンゲン菜4分の1、小松菜4分の1、水100CCです。

これは水分が少なめでスプーンで食べるタイプのグリーンスムージーとなります。サラサラなスムージーが好みの場合は水の量を増やすと良いです。また、バナナの量を増やすと飲みやすくなります。ビタミンCが豊富なので風邪予防にもおススメです。

【第2位】美味しいグリーンスムージーランキング

次のレシピは、バナナ1本、ミカン3個、キウイ1個、ほうれん草4分の1束、水1カップです。
ミカンがないときはオレンジでも代用できます。カロリーが気になる場合はバナナをカットすると良いです。それでも美味しく飲むことができます。

【第3位】美味しいグリーンスムージーランキング

3つ目のレシピは、小松菜2株、りんご2分の1、バナナ1本、水150CCです。
これが一番グリーンスムージーっぽい感じがします。野菜の味がしっかりしますので、甘いものが苦手な方でも飲みやすいと言えます。他のレシピよりカロリーが低めなので、ダイエットに取り入れるとより効果が期待できるのではないかと言えます。バナナの代わりにキウイを1つ使うと、さっぱりとしたスムージーとなります。

グリーンスムージー作りを続けるためには?

グリーンスムージーを作る際に、バナナを使うこと甘い仕上がりになり、キウイを入れるとさっぱりとした仕上がりになります。
飲みやすさを一番に考えるとバナナを使ったものがおススメです。緑の葉野菜特有の青臭さが気にならなくなります。

初心者なら、使う野菜はレタス、ちんげん菜、小松菜等あくの少ない野菜がおススメです。最初は少しの量から始めて、徐々に野菜の量を増やしてくやり方だと長続きしやすいです。

グリーンスムージーを作るポイント

グリーンスムージーを作る際のポイントとして、でんぷん質の野菜を使わないようにすることです。にんじん、ブロッコリーの茎、ズッキーニ、カリフラワー、キャベツ、かぼちゃ、オクラ、とうもろこし、イモ等が挙げられます。でんぷん質の野菜はフルーツとの食べ合わせが悪く、腸内でガスが発生しやすくなってしまいます。

また、でんぷん質の野菜は腹持ちが良いのが利点ですが、消化に時間にかかってしまいます。

そして、グリーンスムージーを作る際に、同じ野菜ばかりを使ったり、一度に沢山の野菜を入れるのも良くありません。
一種類の野菜ばかり使ってしまうと、偏りによって身体に不調をきたしてしまう場合があります。一種類の野菜だけでなくローテーションで色々な野菜を使うことが美味しく作るポイントです。

グリーンスムージーに向いている野菜として挙げられるのは、ほうれん草、ちんげん菜、小松菜、水菜、レタスです。これらをローテーションで使っていくことです。

実際にグリーンスムージーを作るときは色々入れすぎず、シンプルな方が効率よく栄養素を摂取することができます。栄養価を最大限に取り入れるため、そして消化器官に負担をかけないようにするためにレシピはシンプルにすることがおススメです。

メインの材料となる野菜や果物は、しっかり綺麗に洗い、皮ごとミキサーに入れるようにします。特に色の濃い皮がついているものはそこにポリフェノールが豊富に含まれていると言われています。

また、フルーツの多くは皮と果実の間に栄養がたくさん含まれていますので皮をむかないでそのまま入れるのです。

食材を細かく切り、少し長めにミキサーにかけることで、なめらかなスムージーを作ることができます。

水、野菜、果物をしっかり混ぜることもグリーンスムージーを作る上で大切なポイントです。しっかりと混ぜ合わせることで、野菜と果物に含まれる栄養素を包む頑丈な細胞壁が破壊され、身体が吸収されやすい状態になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です